前回の登録番号を入力→

教材企画書チェックリスト(試用版ver.2)
<注意>
・動作環境:Firefox14.0.1以上、Internet Explorer 9.0.15以上(Chromeでは正常に動作しないことを確認済みです)
・入力後、最下部の「回答する」ボタンを押すと、回答結果の一覧が表示されます。
・自動保存の機能はありませんが、作成途中で「回答する」を押して回答結果の一覧を表示した後、ブラウザの戻るボタンで戻れば修正できます。
・以前の続きをやりたい場合は、回答結果のページで表示された「登録番号」を入力し、「続きをやる」を押してください。
・試用版ですので、不具合が見つかった際はサイト運営者(atakahashi@kumadai.jp)にお知らせください。


0-1 教材作成者の名前
 
0-2 評価者(自分)の名前
 
【1】教材のタイトルと内容
1-1 タイトルを読めば何を伝える教材なのか分かるか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
1-2 教える内容について簡単な説明書きが付いているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
1-3 中村部長が提示した「教える内容」と合っているか【MTM社員(SCC受講者)のみ】
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【2】教材の対象者範囲
2-1 どんな人たちを対象にするのか説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
2-2 中村部長が提示した「対象者」と合っているか【MTM社員(SCC受講者)のみ】
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【3】内容選択の理由(教材4条件に照らして)
3-1 自分がよく知っている内容/よくできることか。(条件1)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-2 条件1を満たしていると思う根拠・心配な点を説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-3 教材で教える内容を理解していない人(教材で学ぶ必要のある人)を協力者として確保出来ているか。もしくは確保できる見通しがあるか(条件2)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-4 条件2を満たしていると思う根拠・心配な点を説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-5 短時間(1時間)で学習できる内容・分量になっているか(条件3)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-6 条件3を満たしていると思う根拠・心配な点を説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-7 学習者が自分の出来具合を確認しながら一人で学習を進められるか(条件4)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
3-8 条件4を満たしていると思う根拠・心配な点を説明しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【4】学習目標と目標の性質
4-1 教材で学ぶことによって何が出来るようになるのか説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
4-2 それぞれの学習目標に、学習課題の種類を書いているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
4-3 それぞれの学習目標の種類は正しいか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
4-4 言語情報の学習課題を設定している場合、それを知的技能の学習課題に発展させることが出来ないか検討したか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【5】事前テストについて
5-1 テストを行わない場合、妥当な理由を説明しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-2 (テストを行わない場合、6までスキップ)問題と答えを全て作成して載せているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-3 合格基準を明記しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-4 文章で答えさせるテストを行う場合、採点基準を明記しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-5 実技テストを行う場合、合否を判断するためのチェックリストを作成して載せているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-6 問題数は十分か(目標を全てカバーできているか。合否判断が可能か。)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-7 各設問について、どの学習課題と対応しているか説明しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-8 言語情報のテストは、教材で使う内容のみを再認/再生させる設問になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-9 知的技能のテストは、教材では扱わない未知の例を用いて、教材で学んだルールを応用させる設問になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-10 合格の人は教材で学ぶ必要がない(既に教材の学習目標を達成している)/不合格の人は教材で学ぶ必要がある、と判断できる問題内容・合格基準になっているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
5-11 事後テストと同じレベル・同じ内容の問題になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【6】事後テストについて
6-1 テスト問題と答えを全て作成して載せているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-2 合格基準を明記しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-3 文章で答えさせるテストを行う場合、採点基準を明記しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-4 実技テストを行う場合、合否を判断するためのチェックリストを作成して載せているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-5 問題数は十分か(目標を全てカバーできているか。合否判断が可能か。)
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-6 各設問について、どの学習課題と対応しているか説明しているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-7 言語情報のテストは、教材で使う内容のみを再認/再生させる設問になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-8 知的技能のテストは、教材での扱わない未知の例を用いて、教材で学んだルールを応用させる設問になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
6-9 合格の人は教材で学んだことによって学習目標を達成した/不合格の人は教材で学んだが学習目標を達成できなかった、と判断できる問題内容・合格基準になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【7】教材利用の前提条件とそのチェック方法
7-1 教材の利用資格(前提条件)を説明しているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
7-2 教材利用資格の有無をチェックする方法(前提テストの問題・答え・合格基準)を具体的に説明してるか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
7-3 前提テストは、教材利用資格が不十分な人と十分な人とを判別できる問題内容・合格基準になっているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【8】報告書作成者名と点検者名
8-1 報告書の氏名が記されているか
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
8-2 (相互チェック後)点検者2名の氏名が記されているか。
  OKNGN/A
上記に関するコメント(あれば):
 
【9】備考
全体を通して何かコメントがあれば入力してください
 

Copyright (C) 2010 SOYAMA Kana & SUZUKI Katsuaki All right reserved.
2013 Web version created by TAKAHASHI Akiko

Powerd by CGI KON