トップ>語呂和歌とは>語呂合わせって何?


●語呂合わせって何?


語呂合わせといえば、「良い国(1192年)作ろう鎌倉幕府」が有名ですね。
これは数字の読みに合わせて言葉を当てはめた語呂合わせです。 これによって、「1192」という
意味を持たない数字列が「良い国」という意味を持った言葉になり、覚えやすくなります。

数字だけでなく、もちろん言葉と言葉の語呂合わせもあります。歴史をさかのぼると、
日本で古来から親しまれてきた和歌では、「言葉遊び」 というものが流行っていました。
その中で、短歌などによく用いられる「韻を踏む」という言葉遊びは、
言葉の韻つまりを合わせることから 「語呂合わせ」とも言われていました。

つまり「語呂合わせ」とは 「言葉の語呂(=音,読み)を合わせて当てはめる」という意味になります。
また、「内臓がないぞう」のような駄洒落も語呂合わせのひとつです。 和歌をあまり詠まなくなった
今も日本人は語呂合わせを好んで使い、言葉遊びを楽しんでいるのです。


現代では、語呂合わせは単なる「言葉遊び」ではなく、「何かを覚える」のにもよく使われています。
例えば化学の元素記号「H, He, Li, Be, B, C, N, O, F, Ne, ・・・」
これは「水兵リーベ僕の船・・・」という語呂合わせで覚えるのが一般的となっています。

和歌に用いられる「言葉遊び」から始まり、現代では暗記にも使われる「語呂合わせ」、
こう考えると、語呂合わせと和歌は昔から相性が良かったのですね。

語呂和歌が一体何なのか、これで分かりましたか?
では次に、語呂和歌がどんな時に使えるのかを教えましょう。(→ こんな時使えます へ)




トップページにもどる

Copyright (C) 2004 Chie Koeba. All Rights Reserved.