→情報科教育法I 2005年度前期(水・1)


情報科教育法II 2005年度後期(木・2)

担当者:鈴木克明(岩手県立大学ソフトウェア情報学部)
   ksuzuki@iwate-pu.ac.jp

TA:市川尚(岩手県立大学ソフトウェア情報学部)
   ichikawa@iwate-pu.ac.jp

  ・シラバス

■講義予定:講義コメント(掲示板)■
■ 課題 ■


◆課題1:「専門教科の情報科とは何か」情報(個人課題)

「専門教科の情報科とは何か」の問いに答える情報を集めて専用掲示板に書き込む。

■課題1専用掲示板

その際、その情報をどこから得たのか出典を明記する。
・発表はひとり5〜6分,全員分の配付資料を準備のこと。
とくに集めたい情報は次のとおり:
* 専門教科「情報」で学習する範囲
* 普通教科「情報」との違い(目指すもの)
* 工業高校「情報技術科」との違い
* 商業高校「情報処理科」との違い
* 大学入試センター試験「情報基礎」の出題範囲と設置目的
* 各都道府県における情報関連高校の実態と「情報科高校」設置の動き
* 総合学科ないし普通科の「情報コース」の実態
* その他「専門教科情報」を理解する上で役に立つと思われる情報

◆課題2:「『課題研究』サイト情報」

■課題2-1 「課題研究サイト情報」訪問記録(個人課題) 

昨年度までの受講生が調べた「課題研究紹介サイト情報」を見てまわり
その記録とコメントをA4版の紙1枚にまとめて報告する。

■課題2-2 「課題研究サイト情報」増殖計画(グループ課題)

専門教科「情報」の必修科目の一つ「課題研究」は,それぞれの職業高校でも行われている。情報専門高校での「課題研究」を考える上で、これは参考になると思われるWebサイトを見つけ出し、その概要を講義時間に発表する。また、去年度までに紹介されているサイトであっても、ぜひここの部分を取り上げて紹介したいという場合は発表してもよい。

・グループ1〜3人(できれば複数)
・紹介するサイトを課題2-2掲示板に登録する(先着順)
・プレゼン10分程度,わかりやすい情報提供方法を工夫すること。


◆課題3:指導計画の作成とミニ模擬授業(グループ課題)

情報科(専門教科)で教える内容を一つ取り上げて、それについて指導計画をたて、講義時間に説明する。
※前期の課題3「指導計画の作成とミニ模擬授業(グループ課題)」の課題の要件・報告スタイルに準じて準備すること(ただし,「普通教科」を「専門教科」に置き換えること)。
修正前、修正後の指導計画をWeb上に公開・蓄積していく。

■課題3専用掲示板

■昨年度までの指導計画一覧


◆最終課題:改善した指導計画の作成(グループ課題)

指導計画の改善版をWeb化することで、最終課題提出とする。 成果をWeb上に公開・蓄積していく。

■最終課題専用掲示板

←鈴木研究室ホーム
←ソフトウェア情報学部ホーム
←岩手県立大学学内ホーム
by Katsuaki Suzuki, Ph.D., Professor, Faculty of Software and Information Science, Iwate Prefectural University. 


Created on: 2005/10/06; Last Updated on:2006/01/24.
Sorry not to having an English version. Contact: ksuzuki@iwate-pu.ac.jp