競争のない運動会
第 26 回ランチョンセミナー
NHKの「クローズアップ現代」のビデオを観ました。
 1990年に行なわれた文部省指導要領が「個性重視」という方向に改訂されたのに伴って、全国の小学校の運動会から徒競走がなくなりつつあります。親や大勢の前で負けを味わう子供をなくすためだそうです。
 その代わりに登場したのが「興味走」という競技。これはランダムな要素が加わって、走る能力によって順位が決まらない仕組みになっています。しかし、子供達が成長してやがて入っていくのはまさしく競争社会であり、競争をなくすというのは欺瞞を含んでいるようにも思われます。
 ビデオ上映後には活発なディスカッションが行なわれました。

日時:2000年5月18日(火)
場所:Unkown
発表者:Unkown
アンケート結果

集計結果(0人)

★ 今回のランチョンセミナーはどうでしたか?

●とても分かりやすくて良かった。勉強になった。
0 人
●まあまあ分かりやすかった。
0 人
●分かりづらかった。
0 人
●よく分からなかった。理解できなかった。
0 人
●無記入
0 人

★ 今回のセミナーの感想や思ったことを自由に書いてください(できるだけ具体的に)

    ・運動会が変わってきていることは全く知りませんでした。
    ・徒競走では一度も1位をとったことがありませんでしたが、興味走のようなものでは1位をとったことがあります。
    ・徒競走をなくすのではなく、どちらもやればよいと思います。
    ・自分の良いところを知り、伸ばすために、まわりとの比較も必要とは思うが、その結果を、良くても悪くても、みんなに知られることは良いとは思わない。
    ・私は興味走派です。私は運動会の前日はゆううつでした。例えば足が早くて頭が悪い人はいいけど、足が遅くて頭がいい人はいじめられるのです。
    ・運動会は在っていいと思う。競争は無くても、楽しさを感じることができれば良いと思うから。
    ・僕は運動会や体育祭を楽しんでいた方なので、嫌がる人の気持ちがそれほど分からない。でも、社会に出れば競争だらけなのに、子供の頃から競争をなくしてしまうのはいけないと思った。また、個性と競争の関係についても間違って考えていると思った。
    ・競争を無くして個性を伸ばすとかいっても、今度はその個性をはかる規準とか結局別な競争が起こる原因になっていると思う。興味走は運で勝てるかどうかが決まるし、運動会で運の良さを競ってどうなるんだと思った。それくらいなら運動会は無くなった方がいい。ディスカッションで言っていたように、全員に強制するから問題があるのであって、出る種目を選択させたほうが個人の自由や平等ということになるのではないか。
    ・運動会での徒競走について触れていたが、他のそれぞれの種目でも、得手、不得手があると思う。走ることが苦手でも、綱引きなどで頑張れば良いと思う。
    ・個性を生かすという点に視点を向ければ、個性を生かす場として競争をすることは必要なことだと思う。
    ・人それぞれ得意不得意は違って当然だから、それぞれの得意分野で自分の力を発揮すればいいと思う。
    ・運動会はやっぱり競争がないと燃えない。勝ち負けがあってこそおもしろい。
    ・負けてもいいんじゃないかな。これからの人生で必ず負けることがくるのだから。小学校のうちから負けを経験してもいいんじゃないですか〜
    ・現代の子供の運動能力の低下に驚きました。その運動能力の低下で運動会のプログラムが変ってきたということにも驚きました。
    ・競争のない運動会はつまらないと思います。
    ・個人の個性も必要かもしれないけど他人との競争は必要だと思う。
    ・他人と競争することで、自分がきたえられる面もあると思う。
    ・未来の日本は海外との競争に負けるだろう。しかし、少数の個性派は生き残るでしょう。
    ・ジャーナリストさんがいっていたことはいいと思った。
    ・自分の目標で頑張るのがいいと思った。
    ・それをもった上で、競争できればいいと思った
    ・競争ではなく個性重視? 謎だ。
    ・思ったことはたぶん他の人とかぶってると思うから細かくは言わないが、最近の子供、やっぱぺーぺーの甘ちゃんだわ、まじで。以上。
    ・競争のない運動会はちょっと存在価値がうたがわしいと思われます。
    ・ケガが怖くて競技を軽くしては、運動能力の低下が加速されるでしょうし。競争心がなくなり、向上心も低くなると思います。それに、運動の苦手な僕から見てもかったるそな運動会です。
    ・個性重視と言ってましたが、足が速いというのも個性の一つなので、きちんと評価すべきだし、テストも同様です。言いたい事は分かるのですが、やり方がまずいでしょう。このままだと大人の自己満足にキレイ事になってしまいます。最近の子供が傷付きやすいというのなら、そうなる教育の方に問題を感じます。運動以外の個性は他で示せばいいでしょう。
    ・私は徒競走なんて嫌いだったけど、別に苦痛ではありませんでした。目的走(興味走)で勝てたし、勉強ができる方だったので、どうでもいいといえばそれまでですが。でも見ててつまらなかったのは確かです。
    ・自分が足がおそいと主張してワープ(ずる)するのは足を速くする努力をおこたるのではないか? ←ようち園みたい。かけっこと、興味走、どちらもあれば順位が様々でいいと思う。自分の足に自信のあるやつだけで競うのもいいと思う。

suzulab